BLOG

2018.12.09

If life gives you lemon, make it “lemoned”.

◇平成最後の年の瀬。

 

触れる情報もこの30年を振り返る趣旨のものが多く見受けられます。

 

 

 

先日、平成のはじまり(1990年代後半)に自主廃業を余儀なくされた大手証券会社の顛末を紹介する番組を見ました。

 

昭和の終わりから平成の始まりにかけて、信じられないくらいにお金がお金を生み続けたバブル景気の後始末。

 

 

「隠蔽」という方法で始終回避を図ろうとしたその会社の体質を指摘しながら、これからの、「グローバル企業としての【日本企業】」の在り方を問う内容でした。

 

 

不祥事の「本質」というのは、いつの時代も、人。

 

今も昔も、そんなに簡単には変わらないものなんだなと実感します。

 

 

 

◇そりゃそうだ、私だってそんなに急には変わんない。

 

 

最近、一の位が9から0になったお年頃。

 

 

お客様から「どうです?なんか変わりました?」なんて尋ねられることもあるもので、改めて考えてみました。

 

 

うむ。

 

 

お肌のツヤとか?

 

 

お腹の締り具合とか?

 

 

なにかと違うんだけれども、感じるのは、やっと四角形っぽくないくらいの四角形。

 

 

ちょーっとだけ角がとれたたような気がしています。

 

 

 

 

 

「割り切れない割り算とか意味わかんない」、とかいっちゃう人。

 

中間色よりは原色好き。

 

コーヒーは断然ブラック。

 

駆け引きしてたはずなのに、先に本音が出てしまう人。

 

 

 

「いい人」面して、知らず知らず持ち前四角形の角で人を傷つけてしまうタイプの人。

 

 

だったんですが。最近少しずつ。

 

 

 

 

そして、ちょっと大人になったかなって一番感じるのは、

 

 

「でもさ、角取れたって言ってもさ、見た目どー見てもほぼ四角だよねw。少なくとも六角形にはなれてないよね。」

 

 

 

40年も(あ、言っちゃった やってきたこの自分が言うところの、「今年こそ!」

 

程度の心がけなんて、ほぼ周りから見てめざましく分かるほどに変わるわけないだろっていう。

 

 

ほどよい(ポジティブな意味で)「諦め」を受け入れられるようになったこと。

 

 

 

◇今日のブログのタイトル、正しくは。

 

 

“If life gives you lemon, makes lemonade.”

「天にレモンを与えられなたら、レモネードを作りなさい。」

 

 

 

 

 

要は、レモンは酸っぱく食べづらいけれど、砂糖や水を加えれば美味しいレモネードになる。

 

どんな苦難でも、与えられたものに工夫を加えていくことでチャンスに変えていけるんだぜ。

 

とかなんとかそんなお話。

 

 

 

おかげさまで、変えられるものと変えられないものの分別がつくようになったお年頃。

 

ジタバタ悪あがきせず、変えようのない前提を少しでも他人様の口に苦くないものに味付けできるように日々生きていく。

 

 

そんな姿勢もまた美しきだよな、なんて。

 

 

おほほほ戯言コラムでございましたこと。

 

 

 

素敵な日曜日をお過ごしくださいませ。

 

 

 

ででわでわ。あでぃおーっす。

 

 

hair design space i.chi.e(ヘアデザインスペースイチエ)
オーナースタイリスト 伊藤 護

 

 

 

Website|http://ichie.net

Facebook | https://facebook.com/ichie090530

Twitter | https://twitter.com/ichie_090530

 

 

 

 

ご予約はこちらから(少しお早めのご予約をお願いしております。)

 

 

 

各種ご相談、お問い合わせはLINE からも承っております。

 

 

 

浦安駅からサロンまでのアクセスをご案内しております。(*専用駐車場2台分のご用意がございます)

 


PAGETOP