BLOG

2019.01.26

カラーにまつわるエトセトラ。

いつもご覧いただきありがとうございます。

 

 

千葉県浦安市堀江5丁目の美容室ヘアデザインスペースイチエ代表の伊藤護です。

 

*私の自己紹介をまとめたブログです。▷ http://ichie.net/7411

*サロンでのブログとは別の場所で記事書いています。▷ http://mamo-hair.amebaownd.com

 

 

 

 

以前のブログでもご紹介しましたが、今年イチエのスタイリストは私も含め全員でカラーアナリスト資格取得に向けた勉強会をスタートしています。

 

 

前回研修から10日強、関心のあるお客様に声をかけさせていただき、実践の機会をいただいたり。

 

 

少しずつ私たちの目も肥え、その精度が上がってきているところです。

 

 

 

そこで、今回は昨年の、「イチエのヘアレシピ」になぞらえつつ、皆様にカラーについての、「へぇ〜〜〜」なお話をブログにしてお届けしたいと思います。

 

 

 

◇あなたの地毛の色は何色ですか?

 

 

「そんなん黒に決まっとるやんけー!」

 

 

なんて声も聞こえてきそうですが。

 

実は、瞳の色と同じように、日本人の地毛の色にもすこしバリエーションがあるんです。

 

 

◇黒髪は黒髪にあらず。黒く染まっている髪の毛たち。

 

 

女性がご自分のお顔に見つけると「っ!!!!」てなる大人のアレ。

 

 

メラニン色素、という言葉は聞いたことがあると思います。

 

 

日本人の髪色がいわゆる「黒」に見えるのも、この色素の作用によるもの。

 

 

 

、、、そう、

 

 

 

感のいい方はお気づきかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

 

このメラニン色素がさようならした時に現れるのが、あの、大人の白いアレってことですw。

 

 

 

 

◇髪の色を作るメラニン色素は2種類。

 

 

知っているとチコちゃんに褒められるかもしれません。

 

 

ユウ(真性)メラニン・・・黒〜(赤)褐色を帯びるメラニン色素

フェオ(亜)メラニン・・・オレンジ〜黄色を帯びるメラニン色素

 

 

 

私たち日本人の黒髪はこの2種類のメラニン色素の配合バランス(遺伝的要素が強いと言われています)によって決まっていることがわかっています。

 

 

 

ユウメラニンの含有量が多くなれば、その分黒味のつよい地毛になりますし、少なくなるほどにやや明るさを感じる(染めている?って聞かれるほどのケースもあります)の地毛になる、といった具合。

 

 

 

この地毛の色、、、

 

 

 

Processed with VSCO with g3 preset

 

 

 

実は皆様のパーソナルカラーを診断させていただく上でもとっても大切な要素なんです。

 

 

 

ヘアカラー技術の上でもその地毛の色に合わせた薬剤選定があるんですが、その方の肌色をより活き活きと見せるパーソナルカラーの選定においても、根拠のひとつに皆様の地毛の色が関係しているってこと知っておいてもらえたら嬉しいです。

 

 

 

今しばらくオペレーション等スタッフトレーニングを重ねて、そんなこんなカラーと似合わせのお話、お届けしたいと思っていますので、ぜひサロンお越しの際にはお気軽にご相談ください。

 

 

 

 

ではでは今月最後の週末ですね! 今日も元気で参ります!

 

 

 

 

 

あでぃおーーーーっす!!!

 

 

 

 

hair design space i.chi.e(ヘアデザインスペースイチエ)
オーナースタイリスト 伊藤 護

 

 

Website|http://ichie.net

Facebook | https://facebook.com/ichie090530

Twitter | https://twitter.com/ichie_090530

Instagram | https://instagram.com/i.chi.e_hair

 

 

ご予約はこちらから(少しお早めのご予約をお願いしております。)

 

 

各種ご相談、お問い合わせはLINE からも承っております(代官山行ってみるー!って人もこちらw)。

 

浦安駅からサロンまでのアクセスをご案内しております。(*専用駐車場2台分のご用意がございます)

 

 


PAGETOP