BLOG

2019.03.10

茶色が茶色な理由と、イチエの壁のお話。

いつもイチエのブログをご覧くださってありがとうございます。

千葉県浦安市堀江5丁目で美容室ヘアデザインスペースイチエで代表しています伊藤 護っていいます。

 

 

*私の自己紹介をまとめたブログです。▷ http://ichie.net/7411

*サロンブログとは別の場所でも記事書いています。▷ http://mamo-hair.amebaownd.com

 

 

 

 

 

 

 

最も私たちの仕事とゆかりの深い色、かもしれませんね。

 

 

今日のテーマは、「茶色」。

 

 

 

茶色、、、

 

 

 

茶、、、

 

 

 

 

 

 

そう、同じこと考えた方はいないでしょうか。

 

 

 

「でも実際お茶の色って、【緑】じゃないの?」

 

 

 

お茶と言われて思い出すのが、緑茶か玄米茶かはたまた紅茶か、人によって様々ですが。

 

 

 

どんなお茶も、スタートはお茶っ葉。

 

 

 

 

実は茶葉を煎っていただいていた(蒸すことのなかった)当時、茶葉から出るタンニンやカテキンが作用して抽出される色をして、今言われているところの、茶の色、「茶色」として定義したということなんですね。

 

 

 

そんな茶色、もたらす心理的な効果としては「寛大」「泰然」といった落ち着きを表す心理キーワードが並びます。

 

 

髪色ももちろんですが、冬場のアウターなどをイメージすると確かに落ち着いた雰囲気を感じるお色ですよね。

 

 

 

◇ イチエの塗り壁

 

 

 

 

 

 

実はイチエの内装設計の打ち合わせの際に、茶色を巡ってやりとりをした場面がありました。

 

 

 

 

ご存知の方も多いと思います。こちら。

 

 

 

 

イチエのインテリアのなかではイメージカラーのひとつかもしれません。

茶色い壁。

 

 

 

イチエの担当デザイナーがこの茶色を示してくれたときのこと。

 

 

X JAPAN 生まれ、X JAPAN 育ち、生意気盛りの私。

 

 

 

 

 

「いや、、、全体が白基調ですし、もうちょっと黒(~チャコール)でバーン!みたいなのカッコよくないですか?」

 

 

生意気言いました。

 

 

「伊藤さん、、、この壁にその色はかなり圧迫感と緊張感出ちゃいます。ちょっと全力で止めたいです笑」

 

 

 

言うこと聞いてて、よかったーーーw

 

 

 

色の面積効果(いつかまたブログでご紹介しますね)というのもあるんですが、そんな「寛大」「泰然」ワードで連想される茶色。

 

 

 

 

 

 

きっとイチエがお客様にとって落ち着ける空間であることにも一役二役買ってくれているんだと思います。

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか。少し、「茶色」のこと、わかっていただけましたか(^^)。

 

 

 

今日も最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

もしよかったらブログのご感想お寄せいただけたら嬉しいです。(励みになります~~~

 

 

ではまた。あでぃおーす。

 

 

 

hair design space i.chi.e(ヘアデザインスペースイチエ)
オーナースタイリスト 伊藤 護

 

 

Website|http://ichie.net

Facebook | https://facebook.com/ichie090530

Twitter | https://twitter.com/ichie_090530

Instagram | https://instagram.com/i.chi.e_hair

 

 

WEB 予約はこちらから(少しお早めのご予約をお願いしております。)

 

 

各種ご相談、お問い合わせはLINE からも承っております。

 

浦安駅からサロンまでのアクセスをご案内しております。(*専用駐車場2台分のご用意がございます)


PAGETOP