BLOG

2019.04.14

フランス国旗で学ぶ?膨張色と収縮色とヘアカラーデザイン

いつもイチエのブログをご覧くださってありがとうございます。

 

千葉県浦安市堀江5丁目にある美容室ヘアデザインスペースイチエで代表しています伊藤 護っていいます。

 

 

 

*私の自己紹介をまとめたブログです。▷ http://ichie.net/7411

*サロンブログとは別の場所でも記事書いています。▷ http://mamo-hair.amebaownd.com

 

 

 

新たな時代を迎える私たち日本のナショナルフラッグといえば、

 

 

 

そう、日の丸。

 

 

 

では皆さんは、フランスの国旗ってご存知ですか。

 

 

 

 

 

 

 

そう、青白赤のトリコロール。鮮やかで素敵です。

 

 

今日はこのフランス国旗から始まる、色のお話をお届けします。よかったらご覧ください。

 

 

 

 

◇ 膨張色と収縮色

 

 

さて、このフランス国旗。

 

 

実は、、、

 

 

よーーーーく見てみると。

 

 

 

赤白青の横幅、、、

 

 

 

均一じゃない。 って知ってましたか?

 

 

 

 

その名の通り、広がっているように見えるお色合いと、縮んでいるように見えるお色合い。

 

特にアパレルにおいて意識してお取り入れをされている方も多いと思います。

 

一般には、

 

高明度・暖色系= 膨張色

低明度・寒色系= 収縮色

 

 

そして今一度、フランスの国旗。

 

 

 

 

 

 

膨張色代表の高明度「白」と暖色系「赤」で、収縮色代表の寒色系「青」を端っこにおけばそれは、どうしたって青が細く見えるでしょーーーってことで。

 

 

実は、白に比べて少しだけ「青」が太くなっているんだそうです。(正確には青:白:赤=33:30:37 *赤が太いのは風にはためいたときのことを考慮に入れてのことだそうです。)

 

 

ぜひ機会があったら、確かめてみてください。

 

 

 

◇ ヘアカラーへの応用

 

 

現実的には、寒色系で高明度の(明るい)ヘアカラーをご提案することもありますし、暖色系で低明度(暗め)のヘアカラーをご提案することもあるので、一概にこの視点だけでデザインしているわけではありません。

 

 

が。

 

 

カットのデザイン(形/フォルム)から着想して暖色系、寒色系のご提案を振り分けることがしばしばあります。

 

 

たとえば、こんなボブデザイン。

 

 

 

 

 

同じヘアスタイルなんですが、お色合いが変わることで少しデザイン(形/フォルム)の見え方に変化がないでしょうか。

 

 

また形/フォルムに関するお悩み(広がって見えて困っている etc…)からご来店いただくお客様の場合、カットからの視点だけでなくカラーの視点から

 

 

低明度・寒色系= 収縮色

 

 

そんなご提案をお届けする場合があります。

 

 

 

 

 

 

せっかく、形/フォルムに関するお悩み(広がって見えて困っている etc…)からお越しくださっているお客様。

 

 

ご提案したカットの趣旨に沿ったヘアカラー提案がお届けできたら嬉しいと思っています。

 

 

 

 

 

ぜひお気軽にご相談ください。

 

 

 

でわでわ。あでぃおーっす!

 

 

 

もしよかったらブログのご感想お寄せいただけたら嬉しいです。(励みになります~~~

 

 

 

hair design space i.chi.e(ヘアデザインスペースイチエ)
オーナースタイリスト 伊藤 護

 

 

Website|http://ichie.net

Facebook | https://facebook.com/ichie090530

Twitter | https://twitter.com/ichie_090530

Instagram | https://instagram.com/i.chi.e_hair

 

 

WEB 予約はこちらから(少しお早めのご予約をお願いしております。)

 

 

各種ご相談、お問い合わせはLINE からも承っております。

 

浦安駅からサロンまでのアクセスをご案内しております。(*専用駐車場2台分のご用意がございます)


PAGETOP