BLOG

2012.09.05

i.chi.e Column 2012 vol.09- Outbath-treatment


「洗い流さないトリートメントって、使った方がいいんですか??」


お風呂でシャンプー&トリートメント、髪を綺麗なコンディションにした後で使う洗い流さないトリートメント(以下、アウトバストリートメント)。

最近ではドラッグストアーで陳列されるアイテムも多いので、皆様もご覧になる機会も多いかと思いますが、その効果・メリットとなるといまいち「?」というお声も。

確かに髪はお風呂でさせて頂くケアで、ヘアについたスタイリング剤や汚れを落とし、トリートメントである程度まで髪のまとまりを出していくことが出来ます。

しかし、その後使用するドライヤー、また(就寝前のケアをされる方であれば)寝る際、枕の摩擦によって受けるダメージ、あるいは(朝出発前のケアをされる方であれば)日中浴びる紫外線に髪が受けるダメージを保護してくれる役割まで、、、となると少し行き届かない部分も出てきてしまいます。

ドライヤーの熱による負担から、ブラッシングやスタイリングなどによるもの、日中紫外線によるものまで、髪が日常受ける様々な負担を軽減する意味でも、アウトバストリートメントはヘアケアの中で欠かせないアイテムのひとつです。

 


「色々なタイプのアイテム、それぞれの特徴は??」

ひとくちにアウトバストリートメントといっても、その形状から色々な種類のものがあります。代表的なものはオイルタイプのものでしょうか、それ以外にもミルク(乳液状)タイプ、フォームタイプ、ミストタイプ、、、これらも色々なメーカーから日進月歩、新しいアイテムがリリースされています。

一般にオイルタイプのものは、乾燥しやすい毛質の方にはおすすめです。またオイルタイプの油性感、しっとりさが重たく感じる方にはミルクタイプ、軽い仕上がりを楽しみたい方にはフォームタイプなどなど、そのお悩みやお仕上がりに求める質感によって使用するアイテムも様々です。ケアアイテム全般に言えることですが、ご自身のスタイリングスタイルに合わせてお気軽にご相談いただければと思います。

 


「i.chi.e で使っている洗い流さないトリートメントって?」


i.chi.e で使わせてもらっているアウトバストリートメントの中で最近ご好評いただいているのがこちら。

 

moe_1

 

モルトベーネ MoeMoe リペアエイド
http://www.moltobene.co.jp/products/haircare/moemoe/


7、8月夏季限定のトリートメントメニューのひとつとしてご提案させていただいたMoeMoe シャンプー&トリートメントと同じラインで展開されているアイテムになります。

上記アドレスからも商品成分詳細、効能は確認いただけますが、ナノサイズ(*ミクロよりも小さい単位)に細分化されたCMC(*本来髪内部にある栄養成分で、キューティクル内部の潤滑油のような働きをしてくれる成分です)が髪の表面から内部にまで働きかけて、しっとりとまとまりのある仕上がりを再現してくれます。またエタノール成分が一切使われていないこともあって、ヘアカラーの褪色、パーマのウェーブだれにも一定の効果を発揮してくれます。

シャンプー、トリートメント同様イランイランをベースにした甘い香りに加えて、スモーキーカット成分が入っていることで外出の際についてきてしまういやな匂いをカットしてくれる効能も併せて持っています。


i.chi.e ではこれ以外にも同社製品を中心に、お客様の髪のコンディションを健康な状態で保てるようなアウトバストリートメント剤を使って施術に当たらせていただいています。

ご自宅でも使っていただけるよう、販売用もご用意してございますので、もし髪のまとまり・毛先の乾燥でお悩みの際には、ぜひお気軽にご相談いただければと思います。


いかがでしょうか、普段i.chi.eで使わせてもらっているアウトバストリートメントのこと、伝わりましたでしょうか。

 


今後も皆様の髪に直接使わせていただくものについてなるべく分かりやすく情報を発信していければと思っています。皆様の方からもご質問等ございましたら、ぜひお気軽にスタッフまでお尋ねください。


PAGETOP