BLOG

2012.02.28

2nd etcetra 「市販のカラー剤でヘアカラー、これってダメですか?」

ヘアカラーがファッションのひとつとして当たり前のように楽しまれるように
なって、最近ではドラッグストアでも手ごろな値段で、たくさんの商品が
見受けられるようになっています。

改めてこの機会に、美容室でさせて頂くヘアカラーとホームカラーの違いについて知って頂けたらと思います。


「薬剤そのものの違い」

一般に多く利用されているヘアカラー剤は、もともとの色素を脱色する薬
(2剤)と希望色に染め上げるための色味をもった薬(1剤)を混ぜて
使用します。

この過程は、美容室のものでも市販品でも違いはありません。

違いがあるのは、①脱色作用を促す2剤のパワー、②染色作用のある1剤の中に入っているアルカリ剤の成分です。

市販カラー剤については、どんな方が購入するかわからない(=どんなに染まりにくい方が使っても脱色作用が起こらなくてはいけない)という商品の特性上、そのパワーは強めに設定されていて、結果的に髪に与えるダメージが大きくなると考えて差し支えないと思います。


「シャンプー剤の違い」

ご存じのとおり、人間のお肌と髪の毛は弱酸性。そこにアルカリ性のカラー剤を塗布することによって、私たちは地毛とは違う髪色を楽しむことができています。

ただ、一度アルカリ性に傾いた頭皮と毛髪。作用が終わったら、今度はまた本来の弱酸性に戻す必要が出てきます。(戻らないまま放置してしまうと入れたヘアカラーはすぐに褪色してしまうだけでなく、髪にも大きなダメージを残します。)

その弱酸性へ戻す役割(中和作用)を担うのが、実は前回ご紹介したシャンプー剤。

しかしながら、前回ご紹介した通り、市販されている多くのシャンプーは
「汚れを落とす」目的しか持たないものがほとんど。つまり、カラー剤で付着したアルカリ剤(ヘアダメージのもと)などを落とす働きは持っていないんです。

ここが美容室で施術するヘアカラーと、ホームカラーの大きな違いといっていいでしょう。


「キレイに染まらない・・・の前に」

手軽さやお値ごろ感で選ばれるホームカラーですが、扱う薬剤は、全て
使いようによっては、髪の毛と頭皮をボロボロにしてしまうような「劇薬」です。

その成分がどんなリスクを持っているものなのか、どういうケアが必要なのかを最低限理解して頂いたうえで長くヘアカラーファッションを楽しんで頂ければ、と思います。



今回は以上です、最後までご覧いただき有難うございました。まだスタートしたばかりの企画ですがこれからも皆様のお役にたてる情報を発信していきます!!

皆様からの質問・お悩みも募集中、どうぞ宜しくお願い致します。

E-mail: info@ichie.net  Twitter: @ichie_090530


PAGETOP