BLOG

2013.12.23

グリーティング。

昨晩ついに、、、脱稿。

 

blog122301

 

オープンした年、明けの2010年お正月にお送りしたのを皮切りに、今回が4回目。
デザイン面の撮影から、宛名書き、一言添えまですべて自力で作り(*印刷のみ、さすがに外注)、お客様にご愛顧いただいた感謝の気持ちを込める、自分なりの、1年最後の儀式です。

 

9月末着工。

印刷工程が終わり手元に届く10月中旬。

積み重なった枚数を前に、高まる気持ち半分・・・。
「伊藤よ、、、今年も書けるのか、、、今年も、いけるのか。、、、いけんのかぁぁあーー!!??」
繁忙期を迎える暮れのサロンワーク、撮影等のスケジュールも組み入れつつ、自分の中の気合いと格闘することもしばしばです。

 

1年のご愛顧に感謝を込めて。

言葉にしてしまうと、耳馴染もよろしく、聞き慣れた挨拶文ですが。
今の私にとってのご愛顧とは、、、。
ひとりの美容師として、自分を評価して下さり、支持していただくということ。
にとどまらず。

 

IMG_0076

 

お店そのもの、空間の雰囲気を評価して下さり、支持していただくということ。

 

log122302

 

私以外のスタッフ、特にアシスタントからの施術、接遇を受けいれて下さり、彼らに「お客様にふれさせていただく」、かけがえのないチャンスを与え続けて下さっているということ。

市外、県外から車、電車、バスをつかって、お越し下さるお客様。


折にふれ、差し入れをもってお越し下さるお客様。


毎月欠かさずご来店下さるお客様。


1年に1回だけど、必ず顔を出して下さるお客様。

お葉書1枚で足るほどのものではないであろう、と、思い、深くするわけです。

 

「いつ伝えるの?」「・・・でしょっ!」

ここ3年のご挨拶でもまた同様のことに思いを致したのですが。


どのような気持ちを込めても、やはりこの種のお葉書はお客様にとっての、ダイレクトメール。


元旦早々、郵便ポストを開けた時に、ご親族やご友人たちの近況を知らせるお年賀のご挨拶のなかに立ち入るというのは、どこか少々無粋な気がしてしまい、この時期にお送りすることとした次第です。

つらつらと書いてしまいましたが、とにもかくにも少しでも。


皆様の気持ちがちょっとでも、ほっこりしてくれて、おだやかな年の暮れを迎えていただけたらうれしいです(*^^*)。

 

fbcover

 

May it be the happiest!!!!!

2014年が皆様にとって史上最高にいい年になりますよう、お祈りしています☆


ではでは。


hair design space i.chi.e(ヘアデザインスペースイチエ)
オーナースタイリスト/伊藤 護


PAGETOP