BLOG

2012.03.08

i.chi.e Column 2012 vol.02-Care for scalp

「もっと髪の毛のお話」。お客様にも、もっとご自身の髪のこと知って頂きたいというコンセプトで、2011年、年間を通して展開してきたichi.e.t.cetera

 

今年2012年は、ホームページもリニューアルされたことですし、ちょっと趣向を変えて。

 

i.chi.e でお客様の髪に使わせて頂いているお薬やケア商品のこと。「実際のところどんなアイテムを使ってるの?」っていう部分、ご紹介していきます。

 

スタイルのトレンドや季節によっても変化のあるものですので、アイテム自体は変わっていくこともありますが、お客様の髪に使わせて頂く上での、i.chi.e のこだわり。伝わる機会になればと思っております。どうぞ宜しくご愛読ください。



「美容室だから出来る頭皮ケアを」

 

前回のコラムでは、i.chi.e で使っているヘアカラー剤について書かせてもらいました。

 

「ちょっと気になる生え際を」と思ってご用命頂くヘアカラー。使わせて頂く薬剤は程度の差こそあれ、少なからず生え際、頭皮にも触れていくことになります。実際に美容室での施術でも「しみる」「かゆい」、そうお感じになられた経験をお持ちの方もあるのではないでしょうか。

 

以前のコラム等でも書く機会があったかと思いますが、人間の髪もお肌も本来、弱酸性。

 

そこに髪の色を変える形で働きかけるヘアカラー剤は一般にアルカリ性を持つものですので、ちょっと表現に語弊があるかもしれませんが、そういう感覚をもたれることは正直、致し方ない部分もございます。



「それでもせっかくする美容室でのヘアカラー、そういうストレスを回避する方法はないの?!」

 

というわけで(笑)。

 

最近は男性のお客様ばかりではありません、頭皮環境に強い関心をお持ちの女性のお客様も多くいらっしゃいます。i.chi.e でさせて頂いている薬剤からの保護を目的にした頭皮ケアを一部ですが、ご紹介させて頂きます。



まずはこちら。

 

REAL化学 pptdo PROTECT OIL

 

肌に優しい天然由来成分として米ぬかをベースにしている頭皮保護用のオイルになっています。こちらをカラーリング施術前のお客様の頭皮に塗らせて頂くことで、施術間のストレスを緩和します。



そしてそして。

 

へアカラー、ひと通りの反応が終わるとシャンプーをさせて頂くんですが、シャンプー後の頭皮にこちら。

 

REAL化学 pptdo OXY FREE LOTION

 

こちらはシャンプーだけではとりきれない、いわゆる「残留過酸化水素(*過酸化水素は髪を脱色する目的で薬剤に含まれているものです)」を除去する目的のローションになっています。

 

成分として含まれるのは、少し耳なじみのないものが多くなるので割愛しますが(^^;)、要約すると、酵素の力を使って、過酸化水素を水と酸素に分解してくれる働きを持っています。

 

これによって頭皮や毛穴に残留してしまいがちな過酸化水素を除去、手触り感の低下を防止、ヘアカラー後の頭皮トラブルを回避していきます。

 

1202_1

 

参考URL: http://www.real-chemical.co.jp/products/haircare/  ((株)リアル化学へのリンクになります。)



「美容室のヘアカラーと、ドラッグストアーのヘアカラーで何が違うの?」

 

多くの商品が一般にも流通するようになった昨今、私たち美容師は今まで以上にお客様から「選んで頂ける」ヘアカラーをご提供していく必要が高まっているように思います。

 

それはデザイン面でのご提案も然り、先のコラムで書いたような薬剤そのものへのこだわりという面でも然り、そして、こういうケアの面でのこだわりという面でも。

 

全てはお客様に1日でも長くヘアカラーデザインを楽しんで頂くため。

 

今後もより安全に、より洗練された施術をお届けできるよう努めて参ります。



いかがでしょうか、普段i.chi.eで使わせてもらっているケア剤のこと、少しは伝わりましたでしょうか。

 

今後も皆様の髪に直接使わせていただくものについてなるべく分かりやすく情報を発信していければと思っています。

 

皆様の方からもご質問等ございましたら、ぜひお気軽にスタッフまでお尋ねください。


PAGETOP