BLOG

2018.02.11

浦活美容師クニヨシ(国吉恵梨香)の自己紹介

 

浦活美容師☆クニヨシ自己紹介

 

 

千葉県浦安市堀江の美容師
hair design space i・chi・e( ヘアデザインスペースイチエ)

国吉 恵梨香 です。

 

 

 

クニヨシの自己紹介ページへご訪問ありがとうございます。

 

いつもお会いしている貴方と、

これからお会いする未だ見ぬ貴方に、

 

少しでも知っていただけたら嬉しいです(*^^*)

 

 

 

【浦活】とは
浦安市内の美味しいお店を探したい!
全く違う職種の方達と仲良くなりたい!
浦安にはこんな良い所がありますよ〜と広めたい!
気になっているお店も、初めて行く時って緊張しませんか?
私が行って実際の雰囲気をお伝えする事で、ほんの少〜しでも和らいで、お店は屋さんと色んな方達と繋がりができたら良いなぁという想いがあります。
なんておこがましいですが、
私自身が浦安を知りたい!楽しみたい!という、ささやかな活動です(≧∀≦)

まだまだ知らない事沢山あるので、おススメのお店がありましたら是非!教えて下さいね♬

 

 

 

 

【クニヨシの得意な技術と想い】

 

私は女性のショートヘアが好きで、お顔とのバランスを、みながら全体のシルエットが綺麗に見えるように。クセ毛の方は、活かして楽しめるようなカットを心がけております。

 

 

お仕事に出られている女性、

主婦として家庭をまもっている女性。

1日の中で『やらなきゃいけない事』『自分がやりたい事』が沢山ある、その中で

優先順位をつけながら日々頑張っているのではないでしょうか。

 

 

子供が小さい時は自分の準備って、後回しで、チャチャっとやって終わり!という感じではありませんか?(私は常にそうでした(^^;;)

お出かけの前、チャチャっとが手早く可愛くできて、気持ちが少しだけルン♬な気持ちになれたらいいなぁと思っています。

楽しくも忙しい、一日の中で

いつも頑張っている貴女を想像し、楽ちんで可愛いくなれるようなヘアスタイルを一緒につくっていきたいという想いでおります。

 

 

 

【お客様の声】

 

担当させて頂いたお客様が、次回ご来店された際には必ず、前回の施術についてお伺いしています。

『楽ちんで可愛いく』を心がけているけど、ご自宅でのお手入れはどうだったかな??

 

『乾かして終わり〜で簡単だった』

『のびてきても気にならなかったので美容室行くのだいぶ空いちゃった』

『やっぱりもう少し切っても良かったかも!』

色々なお声を参考にしながら、より良くなるよう、毎回積み重ねていきたいです(^^)

 

 

 

【クニヨシ・プロフィール】

 

出身地:沖縄県

生年月日:昭和56(1981年)6月11日
血液型:A
趣味:レジンやリボンでヘアアクセサリー作り。簡単なDIY。息子の活動についていく母活動。

 

 

 

那覇空港から北へ車約1時間30分。山と海に囲まれた場所で18年間生活してました。

高校卒業後、福岡の美容専門学校。

就職で上京。都内千葉県内の美容室で4店舗勤務。

 

介護施設で1年勤務。

ホームヘルパー2級修得(介護職員初任者研修)

 

県内美容室勤務。

15年4月 i.chi.e入社

 

 

 

【どんな子供だったか?】

 

5人兄妹の長女。

2つ下に弟がいて、戦隊ものや仮面ライダー、ドラゴンボールをよく一緒に観ていました。

外で野球やサッカー、段ボールや新聞紙で創作するのが好きでした。

 

1番のお気に入りは、

テトラポットの隙間に、秘密基地を作り、海を見ながらオヤツを食べる事

でした。今でもしたい位です(≧∀≦)

 

そんな外遊びも小学校3年生まででした!

同級生は12人という小さな分校だったのが、4年生から本校に行くことになり、

35人×5クラスの大人数…。

 

一気に人見知り発動!

 

漫画とゲーム。

趣味はドラゴンボールのカード集めという、自分の世界にどっぷり( ̄∀ ̄)

 

人に慣れるまでかなり時間がかかりました。

中学はそのまま持ち上りだったので、ようやく色んな人と喋れるようになり、学校が少し楽しくなってきました。
勉強よりも部活に力を入れていました(軟式テニス)

上手くはないけど、好きな事は熱中するタイプでした。

今思うと、

自意識過剰で人見知りでこじらせる…ちょっと残念な子供だったと思います(^^;

 

 

 

 

【なぜ今の仕事をやろうと思ったのか?】

 

高校生の頃、美容室に行くのが嫌で自分で髪を切っていました。

真っ直ぐ切ればボブ!と思って、

襟足もカミソリで剃ったり…

 

1番見た目を気にするであろうお年頃に…色んな意味で怖いですね( ̄ー ̄)

 

でもそれが楽しくて!!

 

周りのイケてる女子はストレートパーマブーム。

私も興味はあるけど、お金がない!

友達から『自分達でやれば薬代(2500円だったかな?)だけでできる美容室がある』と聞き、私が友達の髪をする事になりました。

 

シャンプーや流しは、お店の人にやってもらって、薬の塗布やアイロンはおしえてもらいながらやってみたのですが、

 

その体験が凄く楽しかったのです!!

 

なんでクセが真っ直ぐなるのか?など興味が出てきました。

当時の私は、

容姿、内面もコンプレックスの塊で、綺麗な女性への憧れが強くありました。

 

綺麗なお姉さん=エステティシャン

 

エステの仕事をしたら、自分もキレイになれるのでは!?という安直な考え。

 

更に、髪も切れたら全身をキレイにできて最高だな!

と思い美容学校へ進みました。

 

学んでいくうちに、エステより美容師の方へ気持ちが傾いてきました。

 

美容学生でありながら、

相変わらず美容室が苦手。

 

上手く伝えられない。オシャレで可愛い、カッコ良い美容師さんに緊張してしまう。

 

そんな自分の経験から、

同じ様に美容室苦手な方に寄り添えるような美容師になりたい!と思うようになりました。

 

 

 

 

 

【今の仕事で挫折した事】

 

美容室で働き出して、全くわからない事ばかりで、よく怒られる。

全て素直に受け入れて、次こそは!と前向きだった1年目。

2年目になると後輩ができ、

やりたい事、やらなきゃいけない事が増えて

気持ちは常に一杯一杯。毎日眠い!!

 

怒られても素直に受け入れられなくなっていて、何で怒られてるのか分からない。
いつしか、『怒られないように』という、間違った方向へ考えるようになり、

言われないと何もできないような自分になっていて…私は何がしたいんだ⁈何が大事なのか?!

自分が分からなくなりました…。

 

そんな時、同期の子や先輩に話を聞いてもらいました。そこで先輩も同じような経験をしてきたという話をしてくれて。

自分は今、通り道の中にいるだけなんだ!
という事を知り、考え方を変えれるようになりました。

 

今でも、何か落ち込む事や、グサっと刺さる事があると脳内で、

◎ポジティブ変換(自分にとってプラスになるように)

◎ラブリー変換(トゲのある言葉をマイルドに)するよう心がけています(≧∀≦)

 

 

60歳になって振り返った時、あんな事で悩んだりしたもんだ〜と笑い話になるように、失敗、挫折を繰り返しながらも色々とチャレンジしていきたいです(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

i.chi.eでお会いする貴方への想い】

 

 

髪を綺麗にして喜んでもらう事だけではなく、

信頼関係を積み重ねいく事で、普段は言えないようなモヤモヤを吐き出してもらい、

嬉しいニュースがあったら一緒に喜んだり、

お帰りの際には、気持ちがスッキリ♪になっていただけたら嬉しいです。

これからも宜しくお願い致します(*^o^*)

最後まで読んで頂いて、ありがとうございます!!
貴方にお会いする日を楽しみにしております╰(*´︶`*)╯♡


PAGETOP