BLOG

2019.07.27

あっぱれ!八千代松陰高校野球部の皆さん!

いつもイチエのブログをご覧くださってありがとうございます。

 

千葉県浦安市堀江5丁目にある美容室ヘアデザインスペースイチエで代表しています伊藤 護っていいます。

 

 

 

*私の自己紹介をまとめたブログです。▷ https://ichie.net/7411

*サロンブログとは別の場所でも記事書いています。▷ http://mamo-hair.amebaownd.com

 

 

 

今日は夏真っ盛り! 今週いただいた連休でのお話。

 

 

先日まで行われていた全国高校野球選手権大会(千葉県予選)を

 

 

観戦する機会があったので、記事にしてみようと思います。

 

 

 

◇ 高校野球大好き美容師!

 

 

最近は押しも押されぬ大人気ですね。

 

 

 

 

 

甲子園(全国大会)を目指して、高校球児たちがありったけの青春をぶつける夏の風物詩。

 

 

私も毎年公休日に会う日程で観戦に行っているんですが、今年は少し調整がうまくいかなくて、テレビ観戦かな〜〜と思っていたんですが。

 

 

◇ ノーシードからの大進撃!

 

 

なんと、

 

 

私の母校

 

 

八千代松陰高校が

 

 

優勝候補を撃破しながら勝ち進んでいるというではないですか!

 

 

夏の甲子園出場となれば、20数年振りの快挙、これはOBとして是非とも生で応援したい!

 

 

 

 

 

そんな気持ちで千葉県は千葉市花見川区、ZOZOマリンスタジアムに赴いたのでした。

 

 

 

◇ 私もまた20年ぶり

 

 

母校の試合を観たのは、かなり久しぶり。

 

 

学生たちも、ずいぶん私たちの時とは違って、のびのび!

 

 

 

 

何を隠そう私、高校3年生の夏、同じ球場同じ場所で、

 

 

 

男子学生ばかり、チアリーディングなしの応援指導部で

 

 

 

 

 

 

ドラム、、、じゃなかった、鼓手長を務めていまして。

 

 

 

手の皮べろんべろんに向けて、ペンも握れないくらい

 

(頸椎は壊れてません)太鼓叩いてたんですが。

 

 

 

 

 

 

時はながれ、今では複数名体制(女子学生もいた!!!)。

 

 

みんなで楽しそうな応援でしたね〜。

 

(*ちなみに僕は当時スパークリングマーチという応援曲が一番好きでした。今回も何回か聴けて嬉しかったです。)

 

 

 

◇ 校歌、歌えた!!!

 

 

私が観戦した試合、準々決勝では見事に八千代松陰高校が勝利を収め、

 

 

そうだそうだそうでした。

 

 

試合終了後は歌うんですね。校歌。

 

 

 

 

 

 

 

せいしょーりょくうーりかのかぜーーー

 

 

 

案外覚えているもので、なんだかちょいと目に汗かきつつ歌っちまいました。

 

 

 

◇ 春の全国大会準優勝校 市立習志野高校との決勝戦

 

 

 

 

 

既報の通り、残念ながら甲子園まであと一歩届かず。

 

 

でしたが、当時に比べればずいぶん身体も大きくて、

 

私立ながら19時までには完全下校。

 

 

当時は男女交際も禁止だったのに!(関係ない

 

 

そんな環境でも全国クラスのチームに見劣りしないゲーム内容で

 

当時とは隔世の感、本当に感心してしまいました。

 

 

 

なかなか巡ってくるチャンスではないですが、来年以降も期待大。

 

 

ちょいと離れた浦安からも応援していますので、是非新チームまた頑張ってくださいね!

 

 

 

(もちろん浦安市内の高校も応援していますからね〜〜〜!頑張れ高校球児〜〜〜!!!

 

 

 

 

 

ではでは、今日はこの辺りで。最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

 

 

 

hair design space i.chi.e(ヘアデザインスペースイチエ)
オーナースタイリスト 伊藤 護

 

 

Website|http://ichie.net

Facebook | https://facebook.com/ichie090530

Twitter | https://twitter.com/ichie_090530

 

 

ご予約はこちらから(少しお早めのご予約をお願いしております。)

 

 

各種ご相談、お問い合わせはLINE からも承っております。

 

 

浦安駅からサロンまでのアクセスをご案内しております。(*専用駐車場2台分のご用意がございます)


PAGETOP